VRM - humanoid 3d avatar format for VR

VRMファイルを眺めてみたい

VRMファイルの読み込みかた

申し訳ありません、簡単なVRMファイルのビューアーアプリケーションは2018年4月16日現在まだありません! 少し面倒ですが、UnityでVRMファイルを読み込むことで内容を確認することができます。

1.Unityで空のプロジェクトを作る

Unityを起動し、プロジェクトを新規作成します。New→Create projectをクリック。

2.UnityにUniVRMをインストール

package_import UniVRM/releasesから最新のunitypackageをダウンロードし、Assets/VRMにインストールします。 既存のVRMが存在している場合、あらかじめVRMフォルダを削除することを推奨しています。 UniVRM-XXX.unitypackageファイルをUnityにインポートしてください。

3.VRMファイルをUnity上に読み込む

VRMファイルを、UnityのAssetsにドラッグ&ドロップするだけで、VRMファイルがインポートされモデルデータのPrefabが生成されます

VRMから生成されたPrefabをあらためてシーンに配置します。 すると、モデルデータが表示されます。

読み込まれたモデルデータをHierarchyで選択すると、インスペクタに各種情報が表示されます

VRMファイルの読み込みかた(簡易版)

~.vrmとなっているファイル拡張子を ~.glb に変更すると、Windows 10標準搭載の3D Builderで読み込み確認することができます。(ただしVRM独自の設定は反映されません)

VRMファイルを投稿する・探す

現在、ニコニ立体でVRMファイルの投稿を受け付けています。 こちらからVRMファイルで投稿されたモデルデータの一覧をチェックできます。ライセンスなど確認して使ってみてください。

なお、ニコニ立体にご自分でVRMファイルを投稿する際、「バーチャルキャスト連携」を有効にするとバーチャルキャストから利用できるようになる見込みです(対応予定)

VRM - humanoid 3d avatar format for VR